お肌にできてしまうにきびにはいくつかの種類があり、

種類によって最適な対処の仕方が異なっています。

 

お肌のコンディションや、生活環境の違い、

年齢や性別など、色々な要因が重なって、

にきびができやすいお肌になります。

 

にきびができるのは、

精神的な負担が関わっていることもあります。

 

精神に負荷がかかると、

自律神経が正常に働かなくなることがあります。

 

そのせいで男性ホルモンの活動が盛んになって、

にきび肌になるという理由です。

 

お肌にできたにきびの色や状態を知り、

にきび治療を行うといいでしょう。

 

白く吹き出物のようなにきびの場合は、

中に皮脂が溜まっている状態にあり、

この段階では炎症は起きていないので

早めに治療すると痕に残ることはありません。

 

にきびができたことに気づいても、

いじって皮膚を傷つけると症状が悪化することがありますので、

触りすぎないことが大事になります。

 

道具を使い、

にきびの原因になる白い皮膚を抜き出す治療を、

皮膚科で受けられることがあります。

 

黒っぽいにきびができた場合は、

毛穴に詰まっていた皮脂が空気で酸化し、

脂質が黒くなったことで黒にきびになるものです。

 

にきび痕を残さずに治療するには、

黒にきびの場合も、早期の対応がポイントです。

 

にきびケアを怠ると、

白にきびや黒にきびが周囲の皮膚の炎症を引き起こし、

赤く腫れた状態になりますので、

そうなる前に対応が重要になります。

 

炎症がさらに進むと膿が溜まり、

黄色から紫色のにきびになることもありますが、

この状態では病院での治療が不可欠です。