乾燥肌だと敏感肌になりやすく、

どちらにも共通するのは、

肌がとても汚わい状態であるということです。

 

皮膚に敏感さを感じる人の多くは、

皮膚の状態に乾きがあります。

 

皮膚刺激に弱く敏感だから、乾燥するわけではなく、

元から肌が乾燥をしているため、

敏感な肌質になるパターンのほうが多いです。

 

細胞間脂質が十分にあると、細胞同士は隙間なく固定されて、

水分も美容成分も十分な、丈夫な肌状態になります。

 

乾いた肌は細胞間脂質が、とても少ない状態です。

ささやかな外部の刺激でも、角質が簡単に剥がれ落ちやすい状態です。

 

必要な角質がはがれやすくなってしまうと、

外部刺激により刺激が加わり、

皮膚はとても敏感になります。

 

角質は次第に薄くなり、

外部刺激には耐えられない、不健康な肌状態になります。

 

皮膚の敏感さは余計に角質が落ちていく、負のループを繰り返すので、

角質は落ちて薄くなり、こうして乾燥肌は敏感肌へと変わりやすくなります。

 

乾燥肌の場合は、敏感肌になる可能性が高く、

十分な肌の保湿で、皮膚状態を丈夫にする必要があります。

 

すべての肌には保湿が必要ですが、

とりわけ乾燥肌の人は、何よりも保湿ケアが大切になります。

 

美しく健康肌になるためにも、

乾燥肌には日ごろからの保湿が重要です。