小さなにきびだから、数が少ないからと、

にきびを放置している人は少なくないようです。

 

たしかに、小さなにきびを皮膚科で治療をしてもらうのは、

お金もかかることなので、

敢えて病院に行く必要は無いかもしれません。

 

しかし、皮膚科でにきびを治療してもらえば、

にきびの治りが早くなったり、

跡が残ることを防げる場合もあります。

 

自分なりのやり方で

にきびを刺激した結果症状が悪化してしまったり、

にきび跡がクレーターになったら、残念な話です。

 

皮膚科では、外用薬や内服薬のほかにも

器具を使ったにきびの治療が行われています。

 

皮膚科でもらえる薬をにきびに塗って治療することで、

アクネ菌の増殖を抑えて化膿をとめたり、

毛穴の詰まり解消によるにきびの再発予防効果などを得られます。

 

内服薬には、抗生物質、ホルモン剤、ビタミン剤などがあり、

にきびの炎症がひどい場合は、

口から抗生物質を摂取することもあります。

 

ビタミン剤は、

皮脂の分泌を抑えるビタミンB2やビタミンB6、

皮膚の状態を整えるビタミンCなどが処方されます。

 

器具を使用した治療には、

面皰圧出、レーザー治療、イオン導入などがあります。

 

面皰圧出は、

専用の器機を使ってにきびの中にある膿や皮脂成分を除去します。

 

皮膚を刺激していたものがなくなるので、

回復を早めることが可能です。

 

レーザー治療は、

にきびの中の膿を取り出したり、

ニキビをできにくくする働きがあります。

 

ビタミンCなど、

肌の回復効果を高める成分を皮膚に塗る時に、

電流を通してイオン化させることで、

皮膚の中に届きやすくすることができます。